(資料)「問題は北朝鮮ではなく、ワシントンだ」

高麗ジャーナル

問題は北朝鮮ではなく、ワシントンだ

マイク・ホイットニー(Mike Whitney、ワシントン州在住ジャーナリスト) 2017年4月17日

ワシントンは、北朝鮮に対する軽蔑を隠す努力など決してしたことがない。 戦争が終わって以来64年間、アメリカは、この共産主義国を罰し、屈辱を与え,苦痛を味あわせるため、出来る限りのあらゆることをやってきた。 ワシントンは、朝鮮民主主義人民共和国を飢餓にさらし、北朝鮮政府が外国資本や市場にアクセスするのを阻止し、経済を壊滅的経済制裁で締め付け、強力なミサイル・システムや軍事基地をすぐそばに配備した。

ワシントンは北朝鮮を見下し対話を拒否しており、交渉は不可能だ。 そのかわりにアメリカは、中国外交官を対話者として使って、ワシントンの最後通牒を出来る限り威嚇的に伝えるよう中国に無理強いしている。 平壌がアメリカの圧力に屈伏し、彼らの言いなりにさせるためである。

しかし、北朝鮮はアメリカの脅しに決して屈せず、屈する兆しも皆無だ。 逆に、アメリカが戦争を始めて優勢を示そうとした場合に自らを防衛するため、北朝鮮は小規模の核兵器を開発した。

北朝鮮ほど核兵器を必要としている国は世界にない。 FOXやらCNNからニュースを得ている洗脳されたアメリカ人は、これに異を唱えるかもしれない。 もし敵国が、メキシコ国境で大規模軍事演習を行いながら 、(人々を脅かす明白な意図をもって)航空母艦打撃群をカリフォルニア州海岸沖に配備すれば、アメリカ国民も違う見方をするかも知れない。 敵国が実に愚劣な行為をするのを阻止する多少の核兵器を保有する価値を、彼らも理解するかも知れない。

率直になろう。 金正恩が、サダムやカダフィと同じ運命になっていないのは、1つに北朝鮮が海洋油田を持っていないこと、2つには、北朝鮮がソウルや沖縄、東京を廃墟にする能力を持っているからである。 もし金正恩が大量破壊兵器を持っていなければ、平壌はとっくに先制攻撃を受けて、カダフィと同じ運命をたどっているだろう。 核兵器は、米国の冒険主義に対する唯一の対抗手段なのだ。

「9.11」以前の出来事の歴史が理解できないアメリカ人は、アメリカの戦争手口や、アメリカが北朝鮮に対しておこなった、身の毛もよだつほどの大虐殺や破壊を全く知らない。 休戦協定調印から60年以上たっても、なぜ北朝鮮がアメリカに対する警戒を解かないかを理解するのに役立つ資料がある。 下記は「Americans have forgotten what we did to North Korea(我々が北朝鮮に一体何をしたのか忘れているアメリカ人)」と題するVox World記事からの抜粋だ。

「1950年代初期、朝鮮戦争中、アメリカは、第二次世界大戦中に、太平洋戦域全体で投下したより多くの爆弾を北朝鮮に投下した。 32,000トンのナパーム弾を含むこの絨毯爆撃は、軍事標的だけでなく、意図的に一般市民を標的にすることが多く、戦争の目的を超えて、北朝鮮を壊滅させた。 都市丸ごと破壊され、おびただしい数の無辜の一般市民が殺害され、多くの人々が家を失い、飢餓になった。

アメリカ人ジャーナリストのブレイン・ハーデンによれば、『三年ほどの間に、我々は住民の20パーセントを絶滅した』と、朝鮮戦争中に戦略空軍最高司令官だったカーティス・ルメイ空軍大将が、1984年に、Office of Air Force Historyに語った。 この戦争を支持し、後に国務長官になったディーン・ラスクは、アメリカ合州国は『北朝鮮国内で、動くあらゆるもの、レンガ造りの家という家』を爆撃したと述べた。戦争の後半、都会の標的が不足するようになると、アメリカ爆撃機は発電用ダムや水利ダムを破壊した。 農地は洪水で流され、作物は台無しになった。

1月3日午前10:30、82機の空飛ぶ要塞B-17の大編隊が、死の貨物を平壌に投下した …何百トンもの爆弾と焼夷弾が、平壌全域で同時に投下された。時間差で爆発する高性能爆弾が一日中炸裂しつづけ、人々は外にでることができなかた。都市は2日間にわたって燃え続けた。7812の民家が焼け落ちた。ピョンヤンに軍事目標がひとつも残っていないことをアメリカ人は知っていた。

爆弾の破片、炎や、煙による窒息で無くなった多数の平壌住民の数は計り知れない。 戦争前は人口500,000人だった都市に残ったのは、約50,000の住民だった。」 (「我々が北朝鮮に一体何をしたのか忘れているアメリカ人」Vox World)

アメリカの国家安全保障にとって何の脅威でもない国で、アメリカ合州国は2百万人以上の人を殺害した。ベトナムと同じで、朝鮮戦争はアメリカにとって柔軟体操のひとつにすぎなかった。 これまでもときおりやってきたように、退屈しのぎに、あるいは新しい武器をどこか遠くで試してみたかっただけなのだ。 朝鮮半島を侵略してもアメリカが得るものは何もない。 これまでも繰り返されてきた帝国主義の領土拡大欲と純粋な悪行のなせるわざなのだ。

Asia-Pacific Journalによれば「1952年の秋までに、アメリカ爆撃機が攻撃する効果的標的は無くなってしまった。 北朝鮮のあらゆる重要な町や都市や工業地帯は既に爆撃されていた。 1953年春、北朝鮮の米の収穫を破壊した。 食料援助をする中国に圧力をかけるため、空軍は鴨緑江の灌漑用ダムを標的にした。 五つの貯水池が爆撃され、何千エーカーもの農地が氾濫し、町村が浸水し、食糧源は流されてしまった。 中国、ソ連や他の社会主義諸国の緊急支援だけが広範な飢餓を防いだ。」 (“The Destruction and Reconstruction of North Korea、1950年 – 1960年”、The Asia-Pacific Journal、Japan Focus)

繰り返そう。「貯水池、灌漑用ダム、米の収穫、 水力発電用ダム、人口集中地域」などあらゆるものがナパーム弾に攻撃され、あらゆるものが絨毯爆撃され、あらゆるものが徹底的に破壊された。 対象にならないものは無かった。 動くものは銃撃された。 動かないものは爆撃された。 アメリカは勝利することができなかったので、北朝鮮を居住不能な荒れ地に変えたのだ。「彼らを飢えさせよ。 彼らを凍えさせよ。 生存のため、彼らには雑草や根や小動物を喰らわせよ。 連中を排水溝で眠らせ、瓦礫に避難させよ。 何をかまうことがあろう?  我々は地上で最も偉大な国だ。 アメリカに神の恵みあれ」

これがワシントンのやり方で、一世紀以上昔、ウンデド・ニーで、第7騎兵隊が、150人の男性、女性と子供たちを殲滅して以来変わっていないのだ。 パイン・リッジ居留地のラコタ・スー族は、北朝鮮人や、ベトナム人や、ニカラグア人やイラク人などなどと基本的に同じ扱いを受けたのだ。 誰であれ、アメリカ政府の邪魔をするものは、苦痛の世界に行き着くことになる。 それだけのことだ。

北朝鮮に対するアメリカ戦争の凶暴性は、北朝鮮の人々の心にぬぐい去れない傷を残したのだ。 北朝鮮としては、いかなる犠牲を払おうとも、同様なシナリオが将来おこることが許せないのだ。 いかなる犠牲を払おうとも、彼らは自らを守る用意ができていなければならないのだ。 もし、それが核なら、それなのだ。 自衛が最優先課題なのだ。

平壌とワシントン間のこの無意味な対立を終わらせる方法、関係を修復し信頼を構築する方法はあるのだろうか?

もちろんある。アメリカは、朝鮮民主主義人民共和国に敬意をもって対応し、約束を実行する必要があるのだ。一体どんな約束だろう?

核兵器開発計画停止と引き換えに、国民に熱と電気を供給すべく、北朝鮮に二基の軽水原子炉を建設する約束だ。 マスコミは、ペンタゴンのプロパガンダ部門に過ぎないので、皆様がこういうことを、マスコミで見聞きされることはない。 マスコミは平和的解決の推進には興味がないのだ。 連中のおはこは戦争、戦争、更なる戦争だ。

北朝鮮は、アメリカが1994年米朝枠組み合意下での義務を履行することを望んでいるのだ。 それだけのことだ。 忌々しい取り引きでの、自分の責任をきちんとはたすことだ。 それが一体どれほど困難なのだろう?  ジミー・カーターが、ワシントン・ポスト論説(2010年11月24日)でこう要約している。

「…2005年9月に … 1994年合意(米朝枠組み合意)の基本事項を再確認した。 合意文章には、朝鮮半島の非核化、アメリカ合州国による不可侵の誓い、1953年7月以来有効なアメリカ、北朝鮮、中国による休戦を恒久的和平協定に置き換える措置が含まれている。 不幸にして、2005年以来、実質的進展は皆無だ。」

「去る7月、アメリカ人、アイジャロン・ゴメス釈放に立ち会うため、北朝鮮幹部との実質的協議をするに十分な期間であるという条件で、平壌を再訪するよう招待された。 2005年9月に6か国が採択した1994年の合意と条件に基づいて、非核化された朝鮮半島と、永久な平和を実現する希望を彼らは詳細に説明した。」

「北朝鮮当局は、他の最近のアメリカ人訪問者たちにも同じメッセージを伝え、核専門家によるウラン濃縮の先進的施設訪問も認めた。 ウラン濃縮は極めて緩慢なプロセスで、 1994年の合意では対象になっていなかったにせよ、この遠心分離機も、アメリカ合州国と議論することができると私に明言した。」

「アメリカ合州国との直接対話時には、核開発計画を停止し、全てを国際原子力機関による査察対象にする協定を結び、1953年の休戦に置き換わる恒久平和条約を締結する用意があるという首尾一貫したメッセージを平壌は送り続けてきた。 この申し出に応じることを我々は検討すべきだ。 北朝鮮にとっての不幸な代案は、彼らが最も恐れている、アメリカ合州国が支援する軍事攻撃から、自らを守るために必要だと考えるあらゆる行動をとることだ。」(「アメリカに対する北朝鮮の首尾一貫したメッセージ」、ジミー・カーター元大統領、ワシントン・ポスト)

大半の人々が問題は北朝鮮側にあると考えているが、そうではない。

問題はアメリカ合州国にある。

交渉して、戦争を終結させるのを拒否していること、北朝鮮に基本的な安全を保障するのを拒否していること、ワシントン自身の頑固な無知のおかげで、現在、アメリカの都市を攻撃できるような長距離弾道ミサイルを開発している人々と話し合うことさえ嫌がっていることだ。

何と愚かなことか?

トランプ・チームは、63年間失敗してきた、アメリカ国民を直接危険に曝して、アメリカ国家安全保障を損なうことが明らかな政策に固執している。 一体何のために?

「タフガイ」というイメージを維持し、人々にアメリカは弱小諸国とは交渉しないと確信させ、世界中に「アメリカの言い分ならなんでも通る」ことを示すためだろうか? そういうことなのだろうか?  イメージの方が、ありうる核戦争の大惨事より重要なのだろうか?

北朝鮮との関係は正常化が可能であり、経済的に協力することが可能であり、信頼は回復が可能で、核の脅威は和らげることが可能だ。 北朝鮮との関係が危機である必要はなく、修復は可能だ。 必要なのは、政策変更と、いささかの互譲と、戦争より平和を心から願う指導者たちだけだ。 (CounterPunchより)

「マスコミに載らない海外記事」から、

(原文URL)http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-5755.html

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元記者。 過去に平壌特派員として駐在した経験あり。 当時、KEDOの軽水炉建設着工式で、「星条旗よ永遠なれ」をBGMとして意図的に流しながら薄ら笑いを浮かべていた韓国側スタッフに対し、一人怒りを覚えた事も。 朝鮮半島、アジア、世界に平和な未来が訪れんことを願う、朝鮮半島ウォッチャー。 現在も定期的に平壌を訪問している。